第二の永日久歯「インプラント」について

インプラントは失った歯を補うことを目的に生まれた治療法です。

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み固定するため、

自分の歯と同じくらいの安定感が得られると、近年注目されています。

当院では歯を失った方に、噛む喜び、食べる喜びを取り戻していただ為、

「第二の永久歯」とも言われるインプラント治療をおすすめしています。

最新の技術と丁寧なカウンセリングで、できるだけ負担の少ない治療を

心がけていますので、お気軽にご相談ください。

インプラントのメリット

インプラントのメリット

  • ・硬いものでも噛める

    顎に人工歯根を埋め込んで安定させるので、自分の歯のように噛むことができます。

  • ・見た目が美しい ご自分の歯の色にあった素材を選べるので、自分の歯と区別がつきません。
  • ・健康な歯への影響がない 健康な歯を削る必要がなく、歯根をしっかり固定させるため他の健康な歯を守ることにもつながります。
  • ・食事の楽しみを取り戻せる 安定感があるのでしっかり噛めることはもちろん、味覚への影響もないので、美味しく食事をすることができます。
  • ・自然な仕上がりになる

    機能性、審美性に優れているので、自然な仕上がりで笑顔にも自信が持てます。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

Step1 カウンセリング

Step1カウンセリング

歯を失った経緯や、現在のお悩みなどを伺います。

またインプラントがどのような治療なのかについても丁寧に

ご説明します。

Step2 検査

Step2検査

最新のデジタルレントゲンや歯科用CTなどを使って、

顎の骨の厚みや状態、歯周病などの検査を行います。

Step3 治療計画の作成

Step3治療計画の作成

検査結果をもとに患者様一人ひとりに最適な治療計画を

ご提案します。

Step4 手術

Step4手術

インプラントを埋め込むための手術を行います。

治療法や埋め込む本数にもよりますが、1時間程度で終了する

手術です。

局所麻酔に加えて、より緊張感を和らげるために笑気麻酔も

取り入れ、リラックスして治療に望んでいただけるようにしています。

Step5 インプラントと骨の結合期間

Step5インプラントと骨の結合期間

インプラントが顎の骨に結合するまで、約3ヶ月の治癒期間を

とります。

この間は簡易的な仮歯をご使用いただきます。

Step6 インプラントに土台と仮歯を装着

Step6インプラントに土台と仮歯を装着

インプラントが骨と結合したことが確認できたら、土台と仮歯を

装着して噛み合わせを調整していきます。

Step7 クラウン(冠)の作製

Step7クラウン(冠)の作製

仮歯で噛み合わせを確認したら、実際に装着するクラウン(冠)を

作製いたします。

他の天然歯に馴染むよう、患者様にあった素材や色をお選びします。

Step8 定期検診でのメインテナンス

Step8定期検診でのメインテナンス

インプラントを長く快適にご使用いただくために、定期的に

メインテナンスを受けていただきます。

人工歯といっても定期的なメインテナンスが重要です。

メインテナンスの重要性

インプラントを快適に長く使うためには、日ごろのご自宅でのケアと歯科での定期的なメインテナンスが欠かせません。

これらをおこたると、噛み合わせの不具合や歯周病(インプラント周囲炎)などの原因になるからです。

特に治療後一年間は3ヶ月に一度程度の検診でインプラントの適合性やお口の状態を確認することが必要です。

インプラントの周囲が炎症を起こすと、インプラントが抜け落ちてしまったり、他の健康な歯にも悪影響を及ぼしたりすることも。

日ごろから正しいケアを心がけると同時に、必ず定期検診を受けるようにしましょう。

林歯科医院のインプラント治療

林歯科医院のインプラント治療

「インプラント治療」とひと口に言っても、患者様のお口の状況によって詳細な治療法は異なります。

当院では以下の治療法により、患者様に最適なインプラント治療をご提供します。

即時埋入法

抜歯したその日にインプラントを埋め込む方法です。

治療期間が短く、手術が一回で済むので患者様への負担を最小限に抑えることができます。

ソケットリフト

上顎の骨の厚みが若干不足している場合(4mm以上)に用いる方法です。歯を失った部分に骨のもとになる物質を入れて人工の骨を形成した上で、インプラントを埋め込みます。

GBR法

失った歯の部分の骨幅が不足している場合に用いる治療法です。骨が足りない部分を「メンブレン」という人工膜で覆い、骨の再生を促進させます。

インプラント治療設備

インプラント治療設備

歯科用CT

歯科用CT

安全なインプラント治療には、歯科用CT撮影による口腔内の3次元

解析が不可欠です。

当院は歯科用CTの設備を導入していますので、院内で迅速に検査が

行えます。

ストローマンガイド

ストローマンガイド

「コンピュータ上で設計した位置に正確にインプラントを埋入(植立)

できるようインプラント治療をサポート・ナビゲーションしてくれる

システムのことです。

手術時間を従来よりも短縮し、痛みが少なくできるということが特徴です。

また、治療計画を事前に画像で確認することができるので、より安全で

確実なインプラント治療を実現します。

◎治療の詳しい流れについてはこちらをご覧ください。

インプラント治療の取り組み

インプラント治療の取り組み

歯科用ルーペの使用

歯科用ルーペの使用

お口の状態を正確に把握するために、歯科用ルーペ(歯科用拡大鏡)を

用いています。

歯科用ルーペを使用することで、見逃しがなく迅速に治療を行えます。


痛みを抑えた治療 

痛みを抑えた治療

インプラントは外科手術をともなうため、少なからず患者様に負担がかかります。

当院ではできるだけ治療時の負担を軽減するために、麻酔専門医による静脈鎮静法を取り入れています。

また、安全性に配慮して麻酔科のドクターによる麻酔処置を行っています。


ピエゾサージェリー導入

ピエゾサージェリー導入

顎の骨が大きく溶かされ、歯ぐきが痩せて歯の根が見えるようになります。

歯がぐらぐらし、口臭もきつくなります。

そのままの状態が続くと歯が抜け落ちてしまいます。


使用インプラントのご紹介

使用インプラントのご紹介

これらのインプラントを患者様の状態に合わせて、最適な物を選択して使用します。

ストローマン

日本国内でも最大のシェアを誇るスイス製のインプラントであり、欧米人と比べて小さな日本人の顎にも適する短いサイズの人工歯根が特徴です。

アストラテック

体適合性、骨との結合性が高く、世界的にもトップクラスの評価を

受けているインプラントシステムです。

スクリューベント

インプラントメーカーのパイオニアで世界最大規模を誇るzimmer社の

信頼のインプラントシステムです。

AQB

純国産のインプラントシステムですが、骨との結合が早く、短期間で安定することが特徴です。

GCGENESIO PLUS

インプラント体に新技術を導入したインプラントです。

こちらのインプラントも短期間で安定しやすいという特徴を持ちます。

インプラント治療の症例

インプラント治療の症例

50代女性

奥歯を欠損し、入れ歯を使用していましたが、不便だったとのことでインプラント治療をすることになりました。

複数の歯を補うと同時に銀歯を白い素材に交換したことで、美しく自然な見た目になりました。

術前(パノラマ)

術前(パノラマ)

術後(パノラマ)

術後(パノラマ)

術前

術前
術前
術前
術前
術前

術後

術前
術前
術前
術前
術前
HAYASHI DENTAL CLINIC

林歯科医院HAYASHI DENTAL CLINIC

TEL:042-337-5454

東京都多摩市関戸2-40-27 SAラッシュビル2F

日祝
9:00 13:00 9:0013:00
14:00 18:00 14:0017:00

※祝日がある週の木曜日は診療します