子どもの歯を守りたい 小児歯科|多摩市の歯医者「林歯科医院」

健康なお口はお子様の笑顔の源

子どもの歯を守りたい 小児歯科

お子様の歯を守るのはご両親の役目です

[画像]家族

林歯科医院の小児歯科では、虫歯治療だけでなく予防に重点をおいた治療を行っています。
歯の治療は、大人でも大きなストレスがかかるもの。小さいお子様であれば、その不安はなおさら大きくなります。
お子様のお口の健康維持のためには、まずは虫歯を予防することが大切です。

お子様の歯を守るのはご両親の役目。ただ、間違ったブラッシングやケアでは意味がありません。
当院では医師による予防処置に加えて、日ごろのお手入れについての丁寧なアドバイスも行っています。
ご両親と歯医者が協力してこそ、お子様の歯を守ることができるのです。

気をつけるべきお口のクセ

食習慣やケア方法だけでなく、お子様のクセもお口の健康に影響を及ぼします。
お子様に次のようなクセがある場合には、一度当院へご相談ください。

指しゃぶり
[画像]指しゃぶり
指しゃぶりは4歳以下の小さなお子様であれば特に問題はありませんが、長く続けると噛み合わせや歯並びに悪影響を及ぼします。
口呼吸
[画像]口呼吸
口をあけていることが多いお子様は「口呼吸」の可能性があります。
口の中が乾燥しやすく、唾液の働きが抑制されてしまうので、虫歯や歯肉炎のリスクが高まります。
頬杖
[画像]頬杖
頬杖をつくことで顎に負荷がかかり、顎の骨が変形してきます。
そのため歯並びが悪くなり、全身のバランスが悪くなってしまう可能性があります。
歯ぎしり
[画像]歯ぎしり
乳歯は永久歯に比べて柔らかいので、歯ぎしりで歯が削れることがあります。
治療が必要な場合にはマウスピース状のガードなどをつけます。

小児歯科メニュー

[画像]フッ素塗布
フッ素塗布
フッ素には歯の表面のエナメル質を強化するはたらきがあり、歯に直接塗布することで虫歯になりにくい歯を作ります。
特に乳歯や生え変わったばかりの永久歯は虫歯になりやすいので、定期的なフッ素塗布が大切です。
[画像]シーラント
シーラント
生え変わったばかりの奥歯には深い溝があり、食べカスが溜まりやすいうえにブラッシングがしにくいため、虫歯になりやすくなっています。
「シーラント」はその溝に歯科用プラスチックを詰め、虫歯を予防する方法です。
[画像]歯みがき指導
歯みがき指導
虫歯予防には正しい歯みがき(ブラッシング)が不可欠です。
お子様のお口の状況に合った歯ブラシの選び方や正しいブラッシング方法について、丁寧に指導します。

予防ケアについて

当院ではお子様の虫歯予防として、次のようなケアを行っています。

クリーニング 歯についた歯垢や歯石を効果的に落とすクリーニングを行います。フッ素入りのペーストで歯を丁寧にみがき、虫歯や歯周病を予防します。
定期検診 お子様のお口の環境は、成長とともに日々変化しています。3?6ヶ月ごとの定期的な検診で健康な状態を維持しましょう。

林歯科医院の小児歯科の取り組み

[画像]診療台

お子様の不安を軽減するために、当院では治療時にご家族にも同席いただいています。お子様のお口の状態をご家族の方にも見ていただくことで、その後の予防ケアも的確に行うことができます。ご家族の協力があってこそ、お子様の歯を守ることができるのです。

24時間受付 診療予約

PAGE TOP

Copyright © 多摩市の歯医者|林歯科医院